ティア-佐世保魚市

【旬の無農薬・有機野菜の家庭料理の店】土に命と愛ありてーティア長崎銅座店
ご予約・お問い合わせ 095-828-2984
ティア ティア
【ティア長崎銅座店】ホーム 【ティア長崎銅座店】ご挨拶 【ティア長崎銅座店】ティアのはじまり 【ティア長崎銅座店】ティアの食材 【ティア長崎銅座店】メニュー 【ティア長崎銅座店】ティアの家族達 【ティア長崎銅座店】店舗案内 【ティア長崎銅座店】お問い合わせ
トップページ > ティアの食材 > このページ
日本の漁業
佐世保魚市場の方々と 日本の漁業は海外からの大型魚に押され、地元近海の魚の値段が
上がらず、漁業者の生活が立ち行かなくなってきています。
そのため漁業を継ぐ若者も減少しています。
このままでは漁村の衰退はおろか、漁民や島民が減ることにより
国防上も大きな問題がでてきます。
消費者の魚離れも深刻です。
私たちは、手間がかかるなどの理由から、
骨がなく調理しやすい安い魚を求めすぎています。
このまま「安ければそれで良い」という流通が進めば、
小規模な生産者は切り捨てられてしまいます。
地元の漁師の方が魚を水揚げしても、一般になじみのない魚だったり
形が不揃いだったり、一定の量が集らなかったりすると
養殖業の餌になったり『雑魚』として流通していきません。
価値はあるのに活かされていない魚を『主力食財』にして
漁師さんの力になれれば・・。
新鮮な魚をみなさんに食していただければ・・・。
そんな想いから一人ひとりが力を合わせて頑張っています。
応援してあげてください。
食の環
魚市場の朝のセリでは、たくさんの魚が種類ごと、
サイズごとに箱に入れられ、並べられます。
並べられるたくさんの箱の列の端っこのほうには、“色箱”という、
いろんな魚が入れられた箱が並べられます。その“色箱”に入れられる魚は、
“普通の箱”から数がそろわずにあぶれたもの、
サイズが大きすぎたり小さすぎたりしてあぶれた魚たちです。
そんなあぶれものの魚たちが入った“色箱”は、
数百円という安値でしかセリ落とされません。
佐世保魚市場では、そのような“もったいない魚”を
もっと積極的に売り出していこうという運動を行っています。
いろんな小魚を獲ってくる沿岸漁業の漁師さんたちの収入が
少しでも良くなればという願いもあります。
もったいない魚
いろんな魚が入った色箱 もったいない魚を下処理 もったいない魚の冷凍パック
いろんな魚が入った色箱 もったいない魚を下処理 もったいない魚の冷凍パック
アジのたたき身

佐世保魚市場には、“青物”の魚も
たくさん水揚げされます。
“青物”とは、アジ、サバ、イワシなどの
青い魚のことです。アジやサバは、
“まき網漁”という漁法によって
一度にたくさん獲られます。
魚市場に水揚げされる大量の
アジやサバは、大きさごとに分別されます。
その時、小さなアジ“豆アジ”(アジの子供)
などは、ドラム缶より大きな鉄の缶に
一まとめに入れられ、とても安く引き取られ
養殖のエサなどになっています。
佐世保魚市場では、そのような“豆アジ”を
特製の機械で“たたき身(荒挽き)”にして
販売しています。
魚肉100%なので、つみれやハンバーグ、
野菜などとあわせて団子にして
揚げても美味しくいただけます。
アジの水揚げ 頭を取った、豆アジ
アジの水揚げ 頭を取った、豆アジ
特製の機械で、“たたき身”に アジのたたき身(荒挽き)
特製の機械で、“たたき身”に アジのたたき身(荒挽き)
足切れタコ 佐世保魚市場には、毎年たくさんのタコも
水揚げされます。
“足切れタコ”とは、タコがたこつぼ漁で
たこつぼの中に閉じ込められたとき、
ストレスで自分の足をかじったり、
隙間から出た足が他の魚にかじられたりして、
8本の足が7本とか6本とかになって
しまっているタコのことです。
タコは大きさによって値段が違ってきますが、
“足が切れたタコ”もまた安い値段にしか
なりません。見た目が悪いため、
安い値段にしかならないのですが、
残った足は普通に美味しいタコの足です。
このような“足切れタコ”も佐世保魚市場では
積極的に取り扱っています。
たこつぼ漁

磯の周辺もしくは砂利場に仕掛けます。昔は素焼きの壷が使われていましたが、
最近はコンクリート製やプラスチック製が主流です。
中にエサとなるカニなどが入っており、タコが入るとフタが閉まる仕組みになっています。
一本の幹縄に枝縄をつけ、その先につぼ等を着けて海底に設置し、タコを獲ります。

タコつぼの口が海底に向くようにロープにセットされているので、
つぼを揚げる時にタコが落ちてしまいそうですが、
タコは何かにしがみつく習性があるので簡単には出てきません。

まきあみ漁業

佐世保魚市場での代表的な漁法は、「旋網(まきあみ)漁業」「延縄(はえなわ)漁業」
「定置網漁業」「刺網漁業」 「曳(ひ)き網漁業」「一本釣漁業」の6漁法です。

旋網(まきあみ)は魚群を探索し、集魚灯を点灯して集魚を行い、
灯火に完全に集魚したなら進行方向を遮(さえぎ)るように帯状の網を素早く入れ、
大きな円を描いて魚群を包囲し網の下を絞り、漁獲します。(このことから、巾着(きんちゃく)網とも呼ばれます)

投網より揚網までの時間は約1〜2時間程度で、一晩に普通4回程度、操業を行い、
主にアジ、サバ、イワシなどの多獲性回遊魚を対象とします。漁獲量も多く重要漁業の一つとなっています。

対象魚種:アジ・サバ・イワシ・カツオ・マグロ
佐世保魚市のHPより
フレッシュウィンド 佐世保魚市のアクトフォー株式会社が全国のこだわりを持つ生産者の商品を紹介する
通販&ギフトカタログです。自然の恵みをそのままに、想いのこもった優しい食材を取り揃えています。


フレッシュウィンド
Copyright(C) 2010 TIA nagasaki-doza All Rights Reserved.